メニエール病は女性に多い病気|早急に治療を行なおう

サプリメント

目まいや難聴が現れる疾患

女性

目まいや耳鳴り、難聴といった症状が発作的に現れる、内耳の疾患をメニエール病と言います。内科・耳鼻科でのメニエール病の治療は薬物療法が主体となります。目まいや耳鳴りの症状は薬により軽減することが可能ですが、難聴の進行だけは薬では防ぎきれないのが現状です。難聴の進行が非常に早い場合は手術が選択されます。

Read More

症状と基準

看護師

メニエール病は内耳のどこに水ぶくれが生じるかによって症状が異なります。内耳は蝸牛、三半規管、内耳の3つから構成されています。また、メニエール病の診断基準には反復性がポイントになりますので、1回なっただけではそうとは診断されません。

Read More

めまいが繰り返し起きます

体に負担をかけることなくメニエール病の症状を改善できることを知っていますか?食事療法や漢方薬などリスクの少ない治療法もあります。

耳鳴りや難聴を伴います

看護師

メニエール病は、突然に起こる目の回るようなめまいを発症します。この病気は聴覚の不具合と関係が深く、めまいが生じるとともに耳鳴りや耳が塞がれたような閉塞感が現れます。発作的に症状を繰り返すと、耳鳴りや難聴が残ってしまう恐れもあり、早急に治療を行う必要があります。メニエール病は内耳周辺に流れるリンパ液の量が増加することがきっかけで起こります。内リンパが増加すると表面の壁が破けてしまい、壁を隔てて流れる外リンパ液と混ざり合います。この時生じる急激な圧力が平衡感覚を司る前庭神経を刺激して、めまいが起こります。メニエール病は30代から50代の女性に多く発症します。更年期障害や自律神経失調症と並行して生じる場合もあり、日頃からの健康管理が予防に繋がります。

内耳のむくみが原因です

突然めまいに襲われた場合、慌てずに横になる必要があります。安静が大切で、むやみに動こうと思うと上手に体を動かすことができず、事故につながる恐れもあります。めまいにより吐き気がひどい時には抗めまい剤を投与します。症状が落ち着いてきたら内リンパのむくみを解消させるために利尿薬を使用します。体内の余分な水分を排出させる効果があり、むくみを治してくれます。自律神経失調症がある場合には抗不安薬や自律神経調整薬により精神的な不安を減少させていきます。メニエール病に伴う回転性のめまいは、あまりに急激に起こる症状のため精神的な不安が大きく、精神面のケアも欠かせません。更年期障害と併せてうつ病を引き起こす場合もあるため、日頃から規則正しい食生活や適度な運動を行うことで、前向きに生活していきましょう。

予防と治療方法

女性

メニエール病は内リンパ腫が原因で起こる病気であり、症状としては聴覚症状が伴うめまいが繰り返し起こります。その治療方法としては薬物療法が一般的です。内服の場合は、めまい止め、ビタミン剤、利尿剤の組み合わせが多いです。

Read More