メニエール病は女性に多い病気|早急に治療を行なおう

サプリメント

目まいや難聴が現れる疾患

急な目まいや耳鳴りの原因

女性

目まい、難聴、耳鳴りと言った症状が繰り返し現れる、内耳の疾患を「メニエール病」と言います。症状は殆どの場合で片耳に現れるのが大きな特徴ですが、両耳に同時に症状が出ることもあります。メニエール病の原因は、内耳の「内リンパ液」の過剰分泌とされています。内リンパ液が分泌され過ぎると「内リンパ水腫」となり、耳鳴りや目まいを伴うメニエール病を発症させてしまうのです。内リンパ液が過剰分泌される原因は、現在明らかにされていません。メニエール病は発展途上国より、先進国の人の発症率が遥かに高い為、ストレスや生活習慣が大きく影響している可能性が高いと考えられています。メニエール病の目まい、耳鳴りといった症状は何の前触れもなく急に現れるのが特徴です。症状が繰り返し現れる場合には、すぐに内科または耳鼻科で検査を行いましょう。

内耳の疾患の治療法

メニエール病は、内科・耳鼻科での「聴力検査」で診断ができます。メニエール病の特徴が低音が聞こえにくい「難聴」の症状です。また音が響いて聞こえる場合もメニエール病の可能性が高いとされています。メニエール病の治療は「薬物療法」が主体となります。目まいを抑える抗めまい薬や、内リンパ水腫の症状を抑える薬の内服が基本となります。主な症状を軽減することは可能ですが、メニエール病は難病にも指定されており、完治は非常に難しい疾患とされています。目まいや耳鳴りといった症状は内服薬で軽くすることができるのですが、「難聴」の進行は止めることが出来ないのが現状です。目まいが頻回で日常生活に支障をきたす、難聴の進行が早い、などといった場合には外科手術が選択されます。